マイホームのために

住宅建築で重要な基礎の工事

住宅建築で重要な基礎の工事 何事も基礎が大事、という言葉はさまざまなシーンで耳にします。
スポーツでも基礎が何より大事と言われており、世界的に有名なアスリートもいまだに基礎練習を欠かさないと言います。
それだけ基礎が重要ということですが、これは住宅建築においてもまったく同じことが言えます。
株式会社CHコスモホームにマイホーム建築の依頼をしてプランニングや見積もりが終わるといよいよ着工となりますが、まずは基礎工事からスタートします。
株式会社CHコスモホームでは現地で地質調査を念入りに行っており、そこの地盤に合わせた工事を行うようにしています。
こうすることによって不同沈下や地震などに強い家を造ることができるということを株式会社CHコスモホームはこれまでの経験から理解しており、すべての住宅建築において地質調査は実施しています。
また、基礎の着工前には家が無事に完成することを祈ったり建物の繁栄を祈る地鎮祭を行いますが、これは施主の希望によって株式会社CHコスモホームでも手配しています。
新築を建てる際にしか体験することのできない儀式なので、興味がある方や詳しく詳細を聞いてみたいという方はスタッフに一度相談してみましょう。

建築工事の主な流れ

建築工事の主な流れ 株式会社CHコスモホームではまず地質調査を行ってから、本格的な基礎工事に入ります。
基礎が完成したら次は足場工事です。
足場がないと職人さんが工事を進めていくことができないので、足場の架設を行い工事のしやすい環境を造ります。
それができたらいよいよ本格的な木造工事となり、基礎の上に土台を敷いて柱を立てていきます。
順番に梁や床をくみ上げていき、最後に屋根部分の骨組みを作って合板を貼ります。
そして防水用のアスファルトシートを貼れば、建方と呼ばれる工程は終了です。
あとは住宅内部の木工事と並行して電気工事や水道設備工事などが行われ、外壁や屋根工事も行われます。
すべての工事が完了すれば、株式会社CHコスモホームの現場監督と施主で建物をチェックしていきます。
このあと特に問題がなければ引き渡しとなります。
なお、株式会社CHコスモホームの住宅は10年保証がついているため期間中に不具合などが発生しても安心です。
もちろん、引き渡したからといってそれでおしまいというわけではなく、株式会社CHコスモホームでは引き渡し後のメンテナンスやアフターケアもしっかりと行っているので、住み始めてから何か問題が起こっても心配はいりません。